引っ越しの流れ

基本的な引っ越しの流れ

基本的な引っ越しの流れですが、引っ越しの日程など大まかな枠組みが見えてきたら、
費用などの見積もりを業者に依頼し、こちらの要望との折り合いがつけば、正式な依頼のため、契約書を取り交わします。

 

費用を節約するため、自分で荷造りする契約であれば業者から必要な梱包材をもらい、準備しておきます。
当日は、特に取り決めていない限り、流れは全てプロにおまかせとなります。
これから引っ越し、と決まったところで誰でも必須なのが市区町村役場への、転出届の提出です。

 

複雑な手続きではなく、現住の市区町村で役所窓口で手続きするのが一番簡単ですが、郵送で送ることもできます。
受付時間に本人が役所に行けない場合、委任状を持参した代理人が提出することもできます。

 

転居届の提出は、転居の2週間前くらいから多くの自治体で可能になっています。賃貸住宅から引っ越すと、原状回復しなくてはいけないことになっています。経年劣化は避けられないこととして考慮されます。
入居中に破壊してしまった部分は修理費用は入居者持ちとなることが普通ですが、経年によって避けられない変化とされれば回復義務は発生しないのが普通です。
賃貸の場合、住宅を傷つけないように暮らすのが次に住む人のため、そして自分のためなのです。自営業の人など、国民年金加入者が転居しますと、年金手帳に記載されている住所を、新しいものに変更する手続きをしないといけません。
手続きの期限は引っ越し後14日以内ですから年金手帳の住所変更を済ませてしまいます。

 

手続きに必要なものは、国民年金手帳と、印鑑です。
どうしても本人が手続きに行けない、という場合は、委任状を作成することで配偶者などを代理人として、手続きすることができます。
アパートやマンションといった、賃貸物件から引っ越す場合、立会いとよばれる、お部屋チェックがあるのです。
管理会社から物件の担当者が部屋に来て、部屋のチェックを隅々まで行います。これを済ませて晴れて退去、となるのです。



札幌から名古屋に引越しの相場