私たち一家の引っ越しの時

私たち一家の引っ越しの時

私たち一家の引っ越しの時は当時1歳になる子供がいました。

 

1歳児とはいえ何かと変わったことを感じていたようで戸惑いながら少しずつ慣れていったのがわかりました。

 

いつの間にか増えていた子供のものも、使わなくなったおもちゃなどを整理しました。

 

仕分け作業のときに母子手帳の今までのところを読んでみたんですが、ほんの少し前のことでも、妙に懐かしく思いました。

 

引っ越し作業の予約を、あらかじめ入れておいた場合は、前日や当日という直近になって、急にキャンセルすることによって、キャンセル料を支払う羽目になってしまうことがあります。

 

見積もりを見せる時には、キャンセル料が発生する条件について客に説明をする義務があります。
けれども、書面だけでの説明となると書類をしっかり読まないと気付けませんから、業者に予約を入れる前に、キャンセル料がいつ発生するか聞いておくと、役に立つでしょう。

 

住まい探しについては、よく行く駅の近くにある不動産屋さんで、探してもらっていました。

 

 

そこのお店で、私を担当してくれた方がとても丁寧に対応してくれたので安心し、その人が勧めてくれたものの中から、一つを選びました。他のところも行こうかなと考えてましたけど、よそのお店のサイトに載っている物件も紹介できると担当者さんに教えてもらったので、複数の不動産屋さんを巡ったりはせずにすんだのです。同市内とか隣町くらいの近距離を引っ越しするなら業者の手を借りずに引っ越しすることは可能です。

 

やり方ですが、自家用車で運べる荷物はたくさんあるので、まずそれらを転居先に運びこみましょう。少量ずつ時間をかけて運んでいくことであまり積載量のない車を使っていても、かなりの荷物を運べるでしょう。

 

 

 

大きな家具や家電は、引っ越し最終日にトラックを一日かりて、運んでしまいましょう。このやり方ですと、引っ越しに掛かる支出は大きく削減できます。引っ越しの際の出費について、思っていたより高い、と感じる人が多いのはエアコンの設置や取り外しの工事代だと言われています。

 

設置も取り外しも、専門の人に任せることになりますから、エアコン取り付け工事一台に約一万円ほどかかるようです。

 

もし、エアコンの工事も引っ越し作業としてサービスでついている場合はそれ程高額にはなりません。

 

でも、業者は単にエアコンを運ぶだけ、という場合は、どこか他の専門業者に取り付けの工事を依頼するか、新しいエアコンを買って設置してもらい、古い製品の引き取りもしてもらうように相談するなどいろいろと、考え合わせてみると良いですね。

 

 

私たちが引っ越し業者を決める際、日本通運(日通)が誰でも「引っ越しは、日通」のテレビCMを思い出すくらいおなじみの業者の一つでしょう。昔から引っ越しサービスを行ってきた業者であれば、会社名は引越社、引越センターに決まっていた思い込みがあったかもしれません。

 

ですが、今は運送会社の多くが単身者も含めた家庭向け引っ越しサービスを扱うのが普通になりました。
とりわけ、日通のように運送会社としても有名な会社なら、引っ越しも安心して任せられます。

 

 

いろんな引っ越しのやり方がありますが、梱包から何から作業を全て引っ越し業者に任せることにしてしまうと、一番楽で苦労せずに済みますが、高額になることもあります。

 

 

 

ですから、独り身の人や単身赴任の引っ越しであれば、そうしたニーズにあった単身向けのコースが用意されていますから、利用を検討してみると良いでしょう。

 

 

 

適正なコースの選択だけで、引っ越し費用は大きく減らすことができますから、得した分は、新居で始める生活に残しておくと良いでしょう。一回引っ越ししてみればすぐ気がつくことでしょうが、もとの住まいで、ガスの契約を打ち切らないといけません。
私も何度か引っ越しを経験してきましたが、さほど難しくない手続きで解約できます。ところが、転居までに解約が終わっていないと、転居後に使われた分も請求されてしまいます。

 

くれぐれも注意が必要です。しかも、引っ越した月の末日まで自分が支払うルールになっています。


札幌から名古屋に引越しの相場